摂るべき油と控えるべき油について

皆さんは、油=「すべて悪」だと思っていませんか?
私も当初はそう思っていました。
しかし、亜麻仁油を知ってからいろいろ調べていくうちに、摂るべき油と控えるべき油が存在することを知りましたので、皆さんに情報を共有したいと思います。

 

脂肪酸について

脂肪酸とは三大栄養素の一つです。
この脂肪酸は大きく3つの種類に分けることができます。

 

  1. トランス脂肪酸
  2. 飽和脂肪酸
  3. 不飽和脂肪酸

 

一つずつ説明してきましょう

 

トランス脂肪酸

トランス脂肪酸の代表的な食べ物は、マーガリン、ショートニング、植物加工油脂、ファーストフードなどがあります。これらのトランス脂肪酸は一般的に「摂ってはいけない油」と言われています。トランス脂肪酸をなぜ摂りすぎるといけないのか!これはこちらの記事を参考にしてください

 

トランス脂肪酸を摂りすぎると…

 

飽和脂肪酸

飽和脂肪酸の代表的な食べ物は、動物性の肉、脂身、バター、ラード綿実油、ココナッツ油などです。こちらは摂ってはいけないとまでは言いませんが、食べるなら控えめにすべきです。
この飽和脂肪酸を一言でいうと「固まりやすい」です。
良く分かりませんね。
詳しく説明すると、飽和脂肪酸は動物性脂肪に多く、牛や豚の体温は、人間の体温より高めの38度〜40度で、その脂肪が溶けやすい温度も高めです。
つまり、この脂肪が人間の体内に入ると固まりやすくなり、血液ドロドロの原因となります。
全くとってはいけないわけではありません。バランスが大事ですが、極力控えるようにしましょう。

 

不飽和脂肪酸

亜麻仁油の仲間である不飽和脂肪酸について説明します。
不飽和脂肪酸は人間の身体にとって不可欠な成分です。植物や魚類から抽出され、善玉コレステロールを増やすなど、身体によい影響をもたらす効果が高いものとして知られています。ただし、不飽和脂肪酸も摂り過ぎればいいというものではありません。

 

また不飽和脂肪酸=亜麻仁油というわけではありません。

 

不飽和脂肪酸は3つのカテゴリに分けることができますので説明します。

 

  • オメガ9
  • オメガ6
  • オメガ3

 

オメガ9脂肪酸

オメガ9=オレイン酸とも言いますが、このオメガ9の特徴的な油は、オリーブオイル、なたね油、キャノーラ油、米油、ピーナッツ油などがあります。悪玉コレステロールを減らす働きがあり、また酸化しにくい特徴があるため、加熱処理をする食材との組み合わせに向いています。

 

オメガ6脂肪酸

オメガ6=リノール酸とも言いますが、このオメガ6の特徴的な油は、紅花油、大豆油、一般的なサラダ油類、マヨネーズ、スナック菓子などです。なんだか体に悪そうなイメージですよね。
なぜ体に悪いイメージ化というと、それはオメガ6とオメガ9脂肪酸の摂取量に依存しているのです。後ほど説明します。

 

オメガ3脂肪酸

オメガ3=αリノレン酸とも言いますが、このオメガ3の特徴的な油は、亜麻仁油、エゴマ油、しそ油、生魚の油などです。
このオメガ3の主な作用としては、アレルギー抑制、炎症抑制、血栓抑制、血管拡張等あります。
オメガ6脂肪酸は逆で、アレルギー促進、炎症促進、血栓促進、血液を固めるといった悪いイメージが特徴になります。

 

日本人の食事は昨今オメガ6脂肪酸の摂りすぎが指摘されています。
オメガ3とオメガ6【脂肪酸の理想的な摂取比率は「1:4」が良いといわれていますが、今の日本人は「1:10〜50」といった比率だから問題と言っているわけです。

 

この「1:4」の比率で摂ろうと思ってもなかなか摂ることはできません。そこで亜麻仁油がおススメというわけです。

トップページへ戻る ⇒ 亜麻仁油食べ方.com